上手に売るコツ | 希望を上手く叶える|中古車査定で最終的なお別れの時を迎える

希望を上手く叶える|中古車査定で最終的なお別れの時を迎える

車の粘土

上手に売るコツ

キレイな状態で売る

業者が中古車査定を行い、相場に従って値段をつける。それによって、我々の愛車は売られるべき中古車として、引き取られていくことになる。
つまり、中古車査定の場こそ、愛車が、ほかならぬ我々のクルマとして輝くクライマックスの場である。そこで行われる中古車査定によって、最終的に我々が得るお金の金額が決まってくるのだから、当然だろう。
そのクライマックスを美しく飾るためにも、中古車査定に先んじて、我々はまずクルマを洗ってやろうではないか。
隅々までキレイに洗い、ピカピカにして(あるいはそれに近い状態にして)、業者を迎え、見てもらおう。
この「クルマを洗う」というのは、単にクルマとの別れを美しくしてやろうというナイーブな心だけからくるものではない。
実は、中古車査定が行われる前にクルマを洗うのは、相場以上の査定額をつけてもらうためのコツのひとつなのだ。

高く売るために

車体を、あるいは車中を洗うことは、相場以上の値段でクルマを売るためのコツのひとつである。それはどういうわけなのか、説明しよう。
まず単純な答えとしては、「キレイな方が心象がいい」ということがある。思わず撫でたくなるような輝きを発しているクルマなら、査定士も積極的にさわり、じっくり見て査定をしてくれるであろう。
相場通りの、あるいは相場以上の値段をつけてくれるはずだ。逆に触るのもためらわれるような汚さのまま出てきたクルマには、やはりそれなりの値段しかつけてもらえないのだ。
また、もしあまり洗われていないクルマが出てきた時は、業者は次のような判断をする、「この持ち主はクルマの手入れをまともにやっていないのではないか?」と。
だから買い取るにしても、そのあとで業者は細かいチェックをしなければならないハメになり、そのための費用も少なからず掛かる。つまり、業者にとっては相場通りの、あるいはそれ以上の値段をつけるのは損なのだ。
つまり、愛車をキレイにするかどうかは、本当に、中古車査定の結果を左右するのである。非常に大切なテクニックなのだ。

Copyright© 2015 希望を上手く叶える|中古車査定で最終的なお別れの時を迎える All Rights Reserved.